末来矛想図

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

卍決戦シュミレーション【開幕~序盤】

【押備】《中・右》森長可(守・勇)  《後・中》前田犬千代(攻・猛)  《中・左》前田慶次(特・茶)
                   【強襲】《四》柴田勝家(攻・猛)
                    《大名》 織田信長(攻・知)
                    《軍師》 羽柴秀吉(攻・策)

     《四右》丹羽長秀(守・官) 《四・中》明智光秀(特・文) 《四・左》滝川一益(特・中)

 《後・右》佐久間信盛(守・勇)   《後・中》川尻秀隆(守・勇)     《後・左》平手政秀(守・能)


《中・右》木下(守・官)                               《中・左》佐々(攻・猛)
      《先右》加藤(守・勇)《先中》可児(攻・剣) 堀(攻・知)《先左》山内(守・官)
---------------------------------------------
---------------------------------------------

【開幕~序盤:河沿いの布陣が解けるまで】

1)押備すべてに要請→出陣

 特に【押備後】前田犬千代、【押備・中左】前田慶次は確実に要請。
栄誉を投入して奮起状態で突破口が開いたタイミングをみて再出陣させるのが目的のためノーマル状態で出陣する押備には開幕はとっとと負けて戻ってきてもらう必要がある。
逆に本備へ押し寄せた敵押備は、開幕できる限り放置することで信長へ奮起状態で投入される時間を遅らせたいところ。

『最速で本陣へ攻めてくる敵押備は、防衛もなく攻略しやすいが、早く落として帰してしまっては、強化されて進軍してくる時間が早くなるという仕様を参戦者の周知とする。』

2)河沿いに配置された先陣武将の処理(放置すべき味方武将と守るべき味方武将の選別)

 敵中央・敵右ラインへ味方武将が押しあがるよう、中先陣と敵右中陣武将を優先して処理し、栄誉投入によって強化した味方中央、味方左武将のルートを開拓。
 敗退後に栄誉で突破力の強化を狙いたい《中・左》佐々成政(攻撃・猛者)、『先中』可児才蔵(攻撃・剣豪)、堀秀政(攻撃・知将)らを狙う敵徒党に対して、ソロたたきでの足止め防衛・対人徒党など重要な戦力は割かない。
 
 強化しての再出陣を狙いたい武将への敵徒党の攻めは、見てみぬ振りをしてでも、その分の戦力を敵中央・敵右ラインの開拓を狙う武将徒党保護や、信長と相性が悪い敵武将が配置されてラインにいる味方武将への保護に注ぐようにする。

『序盤、武将徒党は狙うべき敵ラインの攻略を優先し、ソロと対人徒党はその武将徒党の保護と、信長と相性が悪い敵武将と対峙する味方武将をねらう敵徒党への攻撃を優先する』
スポンサーサイト
  1. 2009/03/31(火) 18:27:03|
  2. グ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<チラっしゃいませ~ | ホーム | 卍大決戦シュミレーション【開幕前】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://teamgureco.blog46.fc2.com/tb.php/12-c47c5900
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日までの寝落ち回数は

回デス

最近の記事

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。