FC2ブログ

末来矛想図

チラっしゃいませ~

新聞の折り込みにこんなのが入っててビックリした。

「Fによる雑賀古参PC一掃入れ替えキャンペーン」

やるやるとは聞いてたが、まさか新聞の折り込みにまでなるとは。



よくよく見るとディスカウントショップのチラシで
「1Fにて雑貨、中古PC一掃入れ替えキャンペーン」という見出しだった。

掘り出し物探しに期待せず行ってみよう。


本願寺との合戦をしてみて、いろいろな課題がありましたが、
やっぱり東海連合で闘うのは楽しいなというのが率直な感想。

3国どこが驕るわけでもなく、いろいろな意味で自由な合戦スタイル。

女性に興味がない藤井さんのために実装される「男尻(だんけつ)の刻」。
このパッチに合戦仕様の変化もあるらしいので、東海連合の団結をより深めるためにも
中心の岡崎あたりで中古品やなんでもありの倉庫一掃市でもやりたいなぁ。

でも東海議長さん方にこれ以上の負担をかけるわけにはいかないので
そこらへんは最近彼氏と寄りを戻した、サチコ・デラックスがまとめてくれるでしょう。

合戦講習会とかではチョト堅い感じがするせいか、
実際きて聞いてほしい層は来てくれなかったりするんで
そういった市を兼ねて、物資の配布とかもできるといいな。

具体的な市のプランは本家【未来予想図】にアップされると思うのでそちらをご覧下さい。


《おまけ》
チラシの見出しで思い出したついでに
私が選ぶFさんのベストバウト3
1:能楽九死を使っての帯狙い弁天ノックの神待機中にて
 「出番ないみたいなんで帰りますね」
2:武田との大決戦にて武将をねらう徒党を叩いた瞬間
 「ジャマスンナ」(対話にて。なぜかカタカナ)
3:木曽川沖での浅井戦、後陣7の磯野へ徒党攻めにて物理アタッカー割れのため私設にてアタッカー要請
 「通イン。閃光砲台でいきますワ」(結果、術止めできず押しきれずで壊滅)
  1. 2009/04/09(木) 16:37:46|
  2. グ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

卍決戦シュミレーション【開幕~序盤】

【押備】《中・右》森長可(守・勇)  《後・中》前田犬千代(攻・猛)  《中・左》前田慶次(特・茶)
                   【強襲】《四》柴田勝家(攻・猛)
                    《大名》 織田信長(攻・知)
                    《軍師》 羽柴秀吉(攻・策)

     《四右》丹羽長秀(守・官) 《四・中》明智光秀(特・文) 《四・左》滝川一益(特・中)

 《後・右》佐久間信盛(守・勇)   《後・中》川尻秀隆(守・勇)     《後・左》平手政秀(守・能)


《中・右》木下(守・官)                               《中・左》佐々(攻・猛)
      《先右》加藤(守・勇)《先中》可児(攻・剣) 堀(攻・知)《先左》山内(守・官)
---------------------------------------------
---------------------------------------------

【開幕~序盤:河沿いの布陣が解けるまで】

1)押備すべてに要請→出陣

 特に【押備後】前田犬千代、【押備・中左】前田慶次は確実に要請。
栄誉を投入して奮起状態で突破口が開いたタイミングをみて再出陣させるのが目的のためノーマル状態で出陣する押備には開幕はとっとと負けて戻ってきてもらう必要がある。
逆に本備へ押し寄せた敵押備は、開幕できる限り放置することで信長へ奮起状態で投入される時間を遅らせたいところ。

『最速で本陣へ攻めてくる敵押備は、防衛もなく攻略しやすいが、早く落として帰してしまっては、強化されて進軍してくる時間が早くなるという仕様を参戦者の周知とする。』

2)河沿いに配置された先陣武将の処理(放置すべき味方武将と守るべき味方武将の選別)

 敵中央・敵右ラインへ味方武将が押しあがるよう、中先陣と敵右中陣武将を優先して処理し、栄誉投入によって強化した味方中央、味方左武将のルートを開拓。
 敗退後に栄誉で突破力の強化を狙いたい《中・左》佐々成政(攻撃・猛者)、『先中』可児才蔵(攻撃・剣豪)、堀秀政(攻撃・知将)らを狙う敵徒党に対して、ソロたたきでの足止め防衛・対人徒党など重要な戦力は割かない。
 
 強化しての再出陣を狙いたい武将への敵徒党の攻めは、見てみぬ振りをしてでも、その分の戦力を敵中央・敵右ラインの開拓を狙う武将徒党保護や、信長と相性が悪い敵武将が配置されてラインにいる味方武将への保護に注ぐようにする。

『序盤、武将徒党は狙うべき敵ラインの攻略を優先し、ソロと対人徒党はその武将徒党の保護と、信長と相性が悪い敵武将と対峙する味方武将をねらう敵徒党への攻撃を優先する』
  1. 2009/03/31(火) 18:27:03|
  2. グ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

卍大決戦シュミレーション【開幕前】

先述の武将相性を考慮して
以下のような布陣であったときどう攻めるべきか。

【押備】《中・右》森長可(守・勇)  《後・中》前田犬千代(攻・猛)  《中・左》前田慶次(特・茶)
                   【強襲】《四》柴田勝家(攻・猛)
                    《大名》 織田信長(攻・知)
                    《軍師》 羽柴秀吉(攻・策)

     《四右》丹羽長秀(守・官) 《四・中》明智光秀(特・文) 《四・左》滝川一益(特・中)

 《後・右》佐久間信盛(守・勇)   《後・中》川尻秀隆(守・勇)     《後・左》平手政秀(守・能)


《中・右》木下(守・官)                               《中・左》佐々(攻・猛)
      《先右》加藤(守・勇)《先中》可児(攻・剣) 堀(攻・知)《先左》山内(守・官)
---------------------------------------------
---------------------------------------------
【開幕前】

1)相手大名 本願寺顕如:特殊属性・術特性(官史)に対して相性がいい武将をリストアップ

【押備後・中】 前田犬千代(攻撃・猛者)=属性・特性ともに優位 評価◎
【押備中・左】 前田慶次(特殊・茶人)=同属性・特性だが上位特性で優位 評価○
《中・左》 佐々成政(攻撃・猛者)=属性・特性ともに優位 評価◎
《先・中》 可児才蔵(攻撃・剣豪)=属性・特性ともに優位 評価◎
《先・中》 堀秀政(攻撃・知将)=属性が優位 評価◎

『上記のように相性優位な武将たちをリストアップして告知し、その配置を参戦者の周知とする』
*逆もまた然りで、信長にとって相性が悪い相手武将もリストアップ、告知してダイレクトに信長についた場合は最優先で足止め、攻略する。
*防衛側であれば7:15~軍艦で出陣させたい武将を選択できるので攻撃属性をもった武将を選ぶことで戦況を有利にできる。

2)相性優位な武将たちの配置から敵陣の切り崩すべきラインの検討

各武将の対峙する相手武将は開幕時に決まっており、激突後に対峙する武将が相性による戦意削り、もしくは味方PCによる攻略によって敗退すればそのラインのさらに奥に構える武将へと進軍する。敗退した武将は戦場復帰後に対峙する武将がいればそこへ迎撃、いなければさらに奥の対応武将へ進軍する。

以下がその進軍ルート
《先右》-(対峙)→ 敵【先左】-(撃破)→ 敵【後左】-(撃破)→ 敵【大名】 
《先中》-(対峙)→ 敵【先中】-(撃破)→ 敵【後中】-(撃破)→ 敵【大名】
《中右》-(対峙)→ 敵【中右】-(撃破)→ 敵【後右】-(撃破)→ 敵【大名】
【押備・中右】-(対峙)→ 敵【後左】-(撃破)→ 敵【大名】
【押備・後中】-(対峙)→ 敵【後中】-(撃破)→ 敵【大名】

もっとも相性優位な【押備後・中】前田犬千代(攻撃・猛者)、《中・左》佐々成政(攻撃・猛者)
を奮起状態でつかせればほぼ勝利できると考えられる。また『先中』可児才蔵(攻撃・剣豪)と堀秀政(攻撃・知将)も先陣のため敵に攻略されやすいが、その分回転よく送り込めるのでコンスタントな戦意削りが期待できる。

そのためには敵左ラインはある程度放置してでも、敵中央ラインの攻略を優先しながら次いで敵右ラインを押し上げていくのが望ましい。

攻略すべきラインを明確にし、情報として参戦者が共有することで、早い段階での中央後武将の黄色Nの排除、複数の徒党で連携しての中央後武将へのアタックを目指す。

『参戦者に送り込むべき武将候補を理解してもらった上で、敵のどのラインを優先して攻略するかを告知する』

(余談:上杉での大決戦考察)
2009年3月3週目に行われた上杉vs武田の大決戦2日目第一陣。上杉家は人数的に開幕時からやや劣勢であったが、武将および黄色N狩りの4徒党、対人2徒党くらいは稼動。終盤に戦意:謙信10%-信玄25%、残り時間40分。ここで上杉家は防衛の厚い中央を複数の徒党と防衛叩きの囮支援により突破。後中武将を攻略し信玄への突破口を開くが残り20分。栄誉をMAXまで投入し押備で奮起状態となった景勝に即出陣要請(およそ40人の必要だった要請が瞬時に集まる)したが残り時間15分で謙信の戦意はのこり5%ほど。景勝が中央を進軍、盾を失った信玄へ着弾し15%ほど残っていた戦意を一気に削る。残り時間5分で上杉の見事な逆転で勝利であった。
  1. 2009/03/30(月) 18:31:54|
  2. グ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
前のページ 次のページ

今日までの寝落ち回数は

回デス

最近の記事

最近のコメント